サーキットまでくる。  from Circuit      
   2017年5月18日(金) エビスサーキット走行会
       
 8:04 エビスサーキットに到着

 今日は年2回春と秋に行われているエビスサーキットの走行会です。

 前回、去年の秋は時間が取れず不参加、ちょうど1年ぶりの参加になります。


 8時にゲートオープンして、東コースのパドックに到着しました。

 残念ながら雨、霧雨です。 (-_-)

 8:17 難しいコンディション

 とりあえず、ハイエースからバイクを下ろして走行の準備を始めます。

 コンディションは、ウェット・パッチがあるハーフウェット。
 路面まで濡れている箇所もあれば、まだ濡れるほどじゃなくて”しっとり”って感じの箇所もある状態です。

 レースをやるなら、難しいコンディションです。
  けど、今日はレースじゃなくて走行会なので、コンディションが悪ければ走らなければいいだけです。

 8:26 タイヤを入れ替え

 タイヤをレインタイヤに入れ替えることにします。

 何年か前にもらった中古のレインタイヤがあるので、それを履こうと思います。
 たぶん、2014年にもらったやつなので、4年経過してます。

 レインタイヤとしては、賞味期限切れなんだろうけど、普段履いているST600の晴れ用タイヤよりマシかな?
 レインタイヤは4年も経っているので、ここで使い切って処分しちゃおうと思います。 
 9:40 レインタイヤに

 レインタイヤに入れ替え完了。

 4年もののレインタイヤってちゃんと機能してくれるのかな?
 もともとウェットコンディションって苦手意識があることもあって、イマイチ信頼しきれないんですよね。
 9:59 走るんだぁ~

 バイクの準備ができたところでカッパを着込んで走る準備。

 霧雨で走る気が全然ない岩井さんがやってきて、
 「走るんだぁ~。」って感じで眺めてます。(笑)


 ※ 写真はアイスエイジさんが撮影。

 10:00 ピットアウト

 準備ができたので、それではピットアウト。

 しかし、このカッパ膨張色で思いっきりデカく見えますねぇ。
 と言うより、バイクがミニバイクに見える。(爆)

 10:00 

 ピットから出ると、後ろでCBR1000RRの中川さんもピットアウト。

 ピットの路面は濡れていると言う程じゃなくてシットリです。

 10:00 後追い

 ピットから出て行くと、後追いされてるね。

 コンディションが悪いときは、とりあえず後追いすると楽だからね。

 (この後、サックリ抜かれます。)(笑)
 10:02 周回中

 周回を開始しました。

 イマイチ、グリップ感がわからないんですよね。

 中古のレインタイヤもどれくらいグリップするかわからないし・・・・。 (^_^;)

 10:05 S字の入り口は

 1コーナを曲がった直後のS字の入り口は、路面はウェット。
 かといって、水しぶきが上がるほどじゃないんですけど。

 S字に向かって下っているので、無理するとフロントタイヤから滑って行っちゃいそうで、怖い。

 10:05 視界不良

 S字から先は霧雨、ヘアピンもガスって、視界が悪いです。

 メガネが曇って、見づらいです。

 今使っているメガネは去年の暮れに新調したんですが、このヘルメット相性悪くて、今までのメガネより曇りやすいです。
 シールドには霧雨が付いて視界が悪くなるし、メガネとシールドのダブルで曇って視界最悪。

 この路面は濡れているのかいないのか?
 滑りやすいのか、グリップするのか?
 レインタイヤを履き慣れていないこともあり、グリップ感がわかりません。
 10:18 起き気味

 ストレートも体を起こし気味。

 視界がイマイチで、前に障害物とかあるとわからないんで、ついつい起きちゃうんですよね。

 10:20 ガスが

 ガスが濃くなってきました。

 実際はヘルメットのシールドに雨粒が付着して、もっと見づらいんです。

 やたらと見えないんで、シールドを開けて見ると、意外に視界が良かったりしますが、メガネをしているのでシールドを開けたままだと、今度はメガネに雨粒が付いてきちゃう。

 全然ダメダメです。 (-_-;)

 10:22 これで

 先ほどのS字の入り口。

 全然バイクは寝てないんだけど、それっぽく写真は撮れているので、今回はこれで「ヨシ!」としましょう。(笑)

 しかし、どう見てもこのカッパだと、太って見える。
 (実際に太っているんだけどね。)

 9:59~10:22 ラップタイム~

 走り初めから16周してピットイン。

 探り探りペースを上げていって、今回のベストは、ピットイン前の周で、
 1分21秒9。
 ダメダメじゃん。(爆)

 普通、ドライコンディションの3秒~5秒落ちって言うんだから、自分だったら
 1分10秒を切ってこなくちゃダメなわけで・・・・。

 21秒じゃ、話にならないね。
 視界は大事です。(笑)�
 10:34 走行後の

 走行後のリヤタイヤですが。

 端っこ3cm以上残ってますね。

 この中古タイヤをくれたのは国際A級のライダーさんですが、ほぼ端っこまで使っている形跡が残っています。
 これがプロライダーとへっぽこのアマチュア・ライダーとの差ですね。(^_^;)

 まだ、溝は残っていますが、中々雨の中を走る機会もないし、賞味期限もいい加減経っているので、潔く今回で処分した方が良いと思います。

 無理して使って転びでもしたら、余計に高い物についちゃいますからね。

 10:34 ますます

 ますます、ガスが濃くなってきています。

 霧とかガスとかじゃ無くて、標高が高いのでこれは”雲”だね。

 ホームストレートを駆け上がってくるバイクが、霧の中から現れるので、それはそれでカッコいいんですけどね。
 (走っている方は、たまったもんじゃありません。)

 11:09~11:11 コースには出たけれど

 ガスは一向に晴れずで。

 今度は視界を妨げる元凶のメガネを外して、再度コースインしました。

 コースインラップで1周して、「こりゃダメだ!」
 メガネしないと、やっぱ見えない。 (しても見えないけど・・・・・。)

 と言うことで、ホームストレート通過して、そのまま次の周にピットイン。

 ピットで待機します。

 「あー。晴れないかな。」

 11:54 お昼

 な~んて、ピットでウダウダしている間にお昼になりました。

 お昼になったので、サーキットのレストランでご昼食。

 レストランの中までガスってるね。 って、違います。
 暖かい室内に入ったので、レンズが曇っただけ。(笑)

 うっかり料理の写真を撮り忘れました。(汗)

 注文したのは、”みそチャーシューメン”(980円)。

 そう言えば、以前は”喜多方風○○麺”とか書いてあった様な記憶がありますが、いつの間にか”喜多方風”は消えちゃったね。
 喜多方の方からクレームでもきたのかな。
 供されているラーメンは以前と変わりないけどね。
 14:24 おニュー

 おニューのタイヤ。

 今日の走行が晴れだったら、履いてきたMETZELER のタイヤを使い切るつもりだったので、次回以降用にタイヤを手配しておきました。

 タイヤは WSS(ワールド・スーパー・スポーツ)選手権で使われている PIRELLI の DIABLO SUPERCORSA。

 今日履いてきた晴れ用のタイヤは METZELER の RACETEC INTERACT。
 2014年当時は、MFJの公認タイヤでしたが、その後ST600は BRIDGE STONE のワンメイクへ。
 MFJの公認レースに出ない自分は、在庫処分で 2014年からMETZELER を履き続けていました。
 そのMETZELER も手元の在庫が無くなったので、今度からは PERELLI にします。
 16:09 片付ける

 お昼を食べた後、お昼寝。

 結局、起きてもエビスは雲の中。

 3時過ぎまで天候は好転せず。 で、結局午後は走らず仕舞。

 午前中に20周弱走って、終了です。。

 早々に荷物を片付けて、バイクを積込みました。


 16:09 撤収

 それでは、撤収します。

 16:15 ゲート付近も

 東コースを出発して、山を下り東北サファリパークのゲートまで戻ってきました。

 ゲート付近も、雲の中ですね。

 それでは、帰路に着くことにします。

 17:01 定番のカレー

 エビスサーキットを出発して山を下り、二本松インターから東北自動車道に上がり南下。
 1個目のサービスエリアの安達太良でかなり早めの夕食。
 この先自分は東北道、他のみんなは磐越道使用で、流れ解散になるんでね。

 夕食は、いつものカレー。

 今回は、カツカレーにしてみました。(笑)
 (ここで特に食レポは不要でしょう。)
 20:32 浦和本線料金所

 夕食を食べた後、走り始めて20分ほどで睡魔が襲ってきました。

 福島県を脱出することが出来ず、鏡石のパーキングエリアに駆け込み、30分ほど惰眠。

 その後、東北自動車道を南下し、浦和の本線料金所まで戻ってきました。

 横須賀の自宅だったら、ここから1時間半ほどかかりますが、社宅だと30分。

 この1時間の差は大きいです。
 21:06 本日の移動距離

 社宅近くのコインパーキングに到着。

 本日の移動距離は

 69,521 - 68,984 = 537 km

 でした。

 次回は晴れるといいな。